付帯されている箱から骨董品の価値を知る

骨董品買取での失敗談ともいえるのは、専門的知識がないため、やむを得ずなのでしょうが、買取額がつかないこともあります。査定に出したのは焼物だったのですが、鑑定士の説明によれば、箱と中身が入れ替わってしまっていました。箱がその作品に付属したものなのか、チェックは必要で、箱の素材も桐ではなく杉箱に納められているのもポイントだと指摘されました。購入した年銘が書かれているのですが、桐箱から偽物である可能性が高いと言われました。箱書きが重要視されている茶道具だから、箱の贋作があることを知ることもなく、加えて、中身も偽物でした。共箱の有無が骨董品買取の査定額に影響することを知っていたので、名品だと期待していただけに腑に落ちない結果でした。茶碗が入っていたのですが、使用しているうちに共箱が入れ子になってしまう可能性もあるようで、箱も中身も偽物となるかは分かりません。著名な記述なら箱だけでも価値はあるそうですから、相談してみては如何でしょうか。

骨董品を簡単手間なく売るなら当サイトをご利用ください
らくらく買取りができる業者をご紹介